<レビュー> cheero 3-in-1 USB Cable (Fabric braided)が本日より発売開始!【PR】

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回は、本日より販売が開始されるcheeroさんの新製品「cheero 3-in-1 USB Cable (Fabric braided)」を一足早くご提供いただきましたので、ご紹介していきます。

本製品は、Lightning、Type-C、MicroUSBが1本のケーブルにまとめられているのが特徴となっています。
と言われても、よくわからない!という方も多いと思いますので早速、開封とレビューをしていきます!


パッケージ

ケーブル全景

端子部分のアップ

各端子の配置

Type-C、MicroUSB、Lightning端子の3in1ということですが、3端子同時に使用することは出来ず、根元のMicroUSB端子にType-C、Lightning端子の変換アダプタを噛ませて使用します。

Lightning

Type-C

変換アダプタを噛まさない場合、MicroUSBとして使えます。

反対側の端子はUSB-A端子となっています。

ケーブルの皮膜素材には、高耐久ナイロンファブリックを採用し「1万回の折曲げ試験」と「50kg以上の引っ張り強度試験」をクリアしているなど、高耐久をウリにしています。

次に充電性能について。

Zenfone 3接続時に4.8V/1.28Aで急速充電ができています。

iPhone SEを接続した場合も4.8V/1.47Aで急速充電ができています。

体感やこの数値を見る限り、変換アダプタを噛ませて使うことが前提となっている製品ではありますが、充電速度の低下や転送速度に大きな問題はなさそうです。

ここまで、敵なしのような書き方をしてきましたが、個人的に使い辛いなぁー。
と感じているのは、必ず使わない端子が1つ以上出てしまう点。

このように、iPhoneを充電するときはType-Cが、Type-C機器を充電するときはLightningが、MicroUSB機器のときは両者が。といった具合に端子が必ず余るので、取り回しに苦労します。

私は泣く泣く、上記のようにして使用していますが、正直使い辛い。

非常用として1本持っておく。
という使い方には便利だと思いますが、余分な端子が発生するので毎日の充電に使うには不向きだと思います。

便利な部分もある反面、使い勝手にやや残念な部分があるのが非常に残念ではあります。


本製品のType-C端子には56kΩレジスタが採用(USB PD非対応)されており、3in1ケーブルとしては珍しく、Lightning端子はApple MFI認証取得を取得しており、純正品と遜色なく充電/転送もできます。

ケーブル長は100cm。皮膜の素材は固くもなく柔らかくもなく、個人的には好きな硬さです。

Type-C、MicroUSB、Lightning端子を搭載した端末を持っている!
というガジェット持ちの方には(変態具合も加わり)良い製品だと思います。

気になった方は是非、チェックしてみて下さい。

 

発売は本日正午〜(2017年10月19日)※正午までは在庫切れになっています。
Amazonでの直販価格は¥1,650。初回限定価格は¥1,230となっています。

出品者がcheero martになっている事も合わせてご確認下さい。
尚、Amazon Prime会員以外の方で¥2,000未満のお買い物の場合は別途送料が発生します。

 

cheeroさんの公式ページはこちらより。

相当な余談ですが、私の知人にPerfumeが好きな人がいるのですが、その人によるとパッケージの雰囲気が「1mm」という曲の衣装にいているとのことです。

言われて、私もググりましたが、なーんとなくそんな気もします。(余談おしまい)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ