Written by 1:59 AM ネタ, ポケモンGO

【腹筋崩壊】ウェザーニュース × Pokémon GOコラボの天気予報が斜め上で面白い

Pokémon GOと言えば、各国で一大ブームを巻き起こし、マイル法を使うアメリカ人にメートル法を学ばせたり、巷に溢れているはずのモバイルバッテリーが全て消えるなど社会現象を巻き起こしたスマートフォンゲームであるということはご存知かと思います。

そのPokémon GOにアップデートが加わり、「ホウエン地方」で初登場した新しいポケモンたちとともに、トレーナーがそのとき遊んでいる地域の天気によって、見つかりやすいポケモンのタイプが変わる「天気連動機能」が加わりました。

開発を行なっているNianticによると、「例えば、雨の日には、みずタイプのポケモンに会える可能性が高くなります。」とのこと。

そうなると、気になるのはプレイする地域の実際の天気。
天気が関係するゲームシステムと実際の「天気」を結び付けた面白いプロモーションが登場しました。

「天気」と言えば、第三者の厳しい調査でも的中率No.1を獲得した世界最大の民間気象会社ウェザーニュース。今回は、同社が提供するオンライン気象情報番組「SOLiVE24」とのコラボで、お天気キャスターが各主要都市のお天気とその天気で出現確率が上がるポケモンの紹介をするというもの。

動画がスタートした直後は、右上にPokémon GOのロゴが見える以外は普通の「お天気解説動画」です。

全国的に晴れてお出かけ日和ですね。

一通り、お天気の解説が終わると「ポケモンアイコン」が登場。
天気に連動して出現しやすくなるポケモンの凡例をつける辺りに芸の細かさを感じます。

なんとも斬新なアイコン…。

全国のアイコンを眺めていられるのもつかの間。
「ポワルン」(間違えてませんよね?)の顔出しパネルを付けたお天気キャスターが登場…。

もはや、解説を聞くどころではなくお腹を抱えて笑ってしまいました。

(りなっちさん、それが似合うと思うのはリボンちゃんと被るからということで良いですかね…w)

ガチャピンをクロマキーで消してしまうという事件を起こすなど、何かと面白いことをやってのけてくれるウェザーニュースさん。プロモーションですが、今回も盛大に笑わせていただきました…。

この他にも、気象予報士の石原良純さんが解説する「Pokémon GO Weather News」という動画も合わせて公開されており、新バーションで実装された「天気連動機能」をこちらでもしっかりPRしています。

この他にも雨バージョン、雪バージョンも公開されています。

なお、天気と影響を受けるポケモンのタイプについては以下の通りとなっています。

その他の詳細は Pokémon GO公式サイトよりご確認下さい。

以上、ソラヨミレベル イーグルのKazuto Tanabe(@WWDC1999)がお送りいたしました。

 

Source & Photo: ウェザーニュース(Twitter),Pokémon GO

(Visited 54 times, 1 visits today)
Close

Error(Copyrighted Image)