みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回は、UGREENより販売されている「Magnetic Charging Module」をレビューします。
本製品は、AppleのMFA(Made for Apple Watch)認証を取得したApple Watch用充電器です。しかしながら、純正やその他サードパーティ製の「普通の充電器」とは異なる構造の「革新的な」Apple Watch充電器です。

久々に直感で「欲しい!」と思えた製品ですので、意気揚々とレビューしていきます!

・開封

パッケージ

パッケージ2

内容物は本体、取り扱い説明書、謎のラバー。

本体

本体のキャップを取るとUSB-A端子が登場。

先ほどのラバーは、キャップに着けると本体が自立します。

・使い方はあくまでもモバイル用

既に勘の良い方なら、どのような方法で利用するか見当がついているかもしれませんが、本製品はあくまでもモバイル用の充電器。すなわち、外出先などで使用する為に存在する製品です。

となると、最も接続する可能性が高いものは…。

モバイルバッテリーに接続

Apple Watchを載せれば充電開始

Apple Watchユーザーの方ならわかっていただけると思いますが、本製品。なかなか画期的で痒い所に手が届いた製品です。
基本的にApple Watchの充電器は下記の様なケーブルタイプが一般的です。

もちろん、スタンド式などもありますが、どの製品もあくまでもモバイル用途として設計されたものではなく、Apple Watchに付属する充電ケーブルの長さも100cm(昔は200cm)と、普段から「持ち歩く」には長すぎるケーブル長です。

また、そもそもApple WatchはiPhoneなどの様に「充電しながら使う」ことができない製品ですので、モバイル用途においてはケーブル長が重要視される場面はあまりありません。

そのような面から考えると、Magnetic Charging Moduleはモバイル用Apple Watch充電器として非常に理想的な製品であるといえます。

・総評

Apple Watchユーザーである私が不便に感じていたことを解決してくれた本製品。
恐らく、すべてのApple Watchユーザーの方に響く製品なのではないかと個人的には思っています。

やはり、Apple Watch自体が「iPhoneのオマケ」だと感じているApple Watchユーザーは多く、iPhoneの充電器は常に持ち歩いているがApple Watchは…。という方はかなり多いと思います。私もApple Payが唯一使えるデバイスでありながらも、充電切れになることは滅多になかったため充電器の常備はしていません。

では、これで…。
と思いがちですが、基本的に本製品を購入したからといって、普段からApple Watchの充電器を常備するようになるのかと言われれば答えは「No」です。

過去の経験上、Apple Watchのバッテリーライフは「普通の時計、たまに決済端末として」という使い方をすれば、1.5日は余裕で持ちます。必要頻度を考えれば普段から持ち歩いておく必要性は全くないと思います。私は本製品をあくまでも「旅行や出張時に持って行けるコンパクトな充電器として」購入しています。

この用途であれば、コンパクトかつケーブルレスな本製品は、意外とかさばる純正充電器に対する大きなアドバンテージを持っていると思えます。ある種「ケーブル」という無駄を省いた本製品は、真のモバイル用充電器といっても過言ではありません。

Apple Watchユーザーの方で「コンパクトな充電器を探していた!」と言う方は是非チェックしてみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)