cheero Canvas 3200mAh IoT バッテリーがやって来た!

みなさま、こんにちは。K,Tanabe(@WWDC1999)です。

前回、ご紹介したcheeroさんの新製品
IoTバッテリーを買って来ましたので、ご紹介します。




パッケージ。cheero Canvasと同様のものが使用されています。

内容物は本体、MicroUSBケーブル、取り扱い説明書です。

本体。Sleepionをイメージしたイラストがプリントされています。

左から、USB-Aポート、MicroUSBポート、残量インジケーター、出力ボタンです。

右下の角にストラップホールがあります。

裏面にはバッテリーの詳細がプリントされています。

USB出力をチェック。iPhone6接続時に4.75V/1.43Aと急速充電が可能な電圧が出ています。
USB-Aポートの最大出力は2.1Aなので、iPadなども充電できます。(iPhone6 約1回充電可能)

このIoTバッテリー最大の特徴である、微電流の出力をテスト。
電圧チェッカーでも感知できない微電流が流れているのがfitbitの充電表示でわかります。




このIoTバッテリー。何がIoTなのか?
と疑問を持たれる方も多いと思いますが、ハッキリ言って私もこのネーミングの真意は分かりません。

恐らく、微電流で動作するラズベリーパイなどの小型ボードコンピュータを動作させることが可能だから。
と言うのが大きいと思いますが、それだけでIoTと言うのは少し言い過ぎな気がします。

とは言え、初代Power Plusをラズパイ用で欲しい。と言うユーザーさんは一定数いるそうなので、そこの要望には答えれている製品かと思います。私は、Sleepionをバッテリーでも使えるようにする為に購入しましたが、ラズパイで電子工作などを楽しんでいる方には良い製品だと思います。

また、微電流を流せるので、普通のバッテリーでは充電できないiPod shuffleやfitbitをお持ちの方もこれを使えば充電できる様になります。

このIoTバッテリーで、Sleepionを動作させる動画を作ってみました。よければご覧下さい。

cheeroさんの公式ページはこちらより。
*この製品の飛行機内への持ち込みは、手荷物に限り可能です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ