<ワイヤレスヘッドフォン>JAYFI Touch H1をチェック

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

この記事は、JAYFI Japan様の提供でお送り致します。

今回はぷるど.net始まって以来、初めてのヘッドフォンのレビューです。
今回、Jayfi様よりお送り頂いたのは「Touch H1」と言うBluetoothヘッドフォンです。

ワイヤレスヘッドフォンは私自身が所有するのは、初めての経験だったりもします。
それでは、開封と詳細を見ていきます!




パッケージ。シンプルです。

裏面はオールイングリッシュでした。

付属品は、本体、充電用MicroUSBケーブル、3.5mmステレオミニプラグケーブル、説明書です。

本体。¥6,000弱にしては上品な印象です。

耳に当てるほうにはRとLの文字が。こう言う表現方法。オシャレで私は好きです。

Jの字が書いてある方に、充電用のMicroUSB inがあります。

反対側には、3.5mmジャックとペアリングボタンがあります。
写真では分かりにくいですが、マイクもあります。

今回のTouch H1は、Bluetooth接続が可能なヘッドフォンです。
また、NFC対応スマホではNFC経由でペアリングすることも可能です。

せっかくですので、iPhoneでの接続方法をご紹介しておきます。

設定>Bluetooth>本体のペアリングボタンを長押し>Touch H1をタップ。
すると、バッテリー表示の横にヘッドフォンマークが出てきます。

また、通知センターにバッテリーのウィジェットを追加すると、%でバッテリー残量を確認できます。

また、このヘッドフォンはタッチ機能が付いています。

『J』の字が印刷されている部分にセンサーが内蔵されており、上下に触ると音量の調整。
前後にスライドすると、曲送り/戻しが可能です。後ろにスライドすると電話にも出れます。

タップすると、再生/一時停止も出来ます。

最大ペアリング数は2台まで。
通信距離はBluetooth4.1の企画に準じる、約10m。

使用可能時間は約18時間。
最大待ち受け時間は15日間となっています。



肝心の音質ですが、Jayfiさんらしい低音を強く出し音質を誤魔化した仕上がりです。
以前レビューした「JA40」よりも多少マシにはなっていますが、あまり良いものではありません。

ですので、音質を求める方は購入されない方が良いと思います。
安くても聴ければ良い。と言う方には良いと思いますが。

今時、タッチ機能がついた製品でJAYFI Touch H1より安いものもありますし。

 

Jayfiさんの公式SNSは以下の通りです。

Twitter

Facebook

Instagram

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ