ASUS Zenfone3(ZE520KL)がやって来た!Part 01 開封編

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

この記事は、ASUS Japan様の提供でお送り致します。

本日は、前回のASUS ZenTourレポートに書いた、Zenfone3を詳しく見て行きます。
最初にお断りしておきますが、私は今までメイン端末で一度もAndroidを使った事がない人間です。

Android自体はそこそこ、触って来ているので全くの初心者でもありません。
(Zenfone2を某社の試用で使っていた期間もあります)

そんな人間が書くレポートですので、少しポイントがズレるかも知れませんが、お許し下さい。




パッケージ。黒地にゴールドの文字が高級感を引き立たせます。

端末全景。IPS液晶ですがとっても綺麗です。そりゃFHDだからね(汗)

意見が割れそうですが、充電端子はUSB Type-C 2.0です。

イヤフォンジャックは上部に配置されています。

電源ボタンと音量ボタンは右側面。

SIMスロットとMicroSDカードスロットは兼用で、左側面にあります。

付属品は、説明書、ACアダプタ、Type-Cケーブル、イヤフォン、イヤーピースです。

どこのメーカーさんも、某社のパッケージングを真似るんですね(苦笑)

ちなみに、説明書にSIMピンが入っています。表面にASUSさんのロゴが刻印されています。

私が、一番好きな背面の加工。
実は、この加工が好きで、Zenfone3の購入を検討していたことがあるくらいです。

背面の上部にはカメラ、指紋リーダー、LEDフラッシュ、レーザーAFがあります。

GeekBench4でベンチマークを測定してみました。Snapdragon 625を搭載しています。(オクタコア)

数値だけを見る限り、シングルコアの性能ではNexus5と同等の結果になりました。
マルチコアの結果だと、Samsung Galaxy S7辺りと同じくらいです。

IIJのSIMを入れて、スピードテストをしたんですが…?
上り1.11Mbps/下り0.55Mbpsと言う謎のスピードを叩き出しました。しかも4Gの表示が出ません…。

ちなみに、ほぼ同じ状況下でiPhone SEでテストしたところ、こちらはいつも通りの数値が出ました。

IIJmioさんの公式ページに書かれている設定方法で設定しましたが、明らかに数値が不自然で、IIJさんに問い合わせて色々と試しましたが、解決されず。IIJのサポートの方も困り果てて、追って連絡するとのことですので、この数値はあまり当てにしないで下さい。

*2016/12/27 Update*

色々試した所、SIMカードを再挿入して再起動すると言う初歩的な方法で解決しました( ゚д゚)

親切に対応してくださったIIJmioのスタッフさんには感謝です…!




最後に少しグダグダがありましたが、端末自体はとても素晴らしい出来になっています。
Wi-Fi環境下での通信では、iPhone以上のスピードが出ていますし。(ASUSさんのルータを使っているから?)

Type-Cは人によって、意見が割れるのでなんとも言い難い部分ですが、私は好きです。
(私はMicroUSBは面倒なので、リバーシブルケーブルを使っていたくらい、表裏が嫌いな人間です)

今回は開封編という事で、全体的な雰囲気とCPU性能を見て行きました。
次回からはいよいよ、カメラや音響関連などの詳細を見て行きます。

ASUSさんの公式ページはこちらより。

【1322文字】

Part 02はこちらより!

ASUS ZenTourのレポートはこちらより!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ