Written by 2:05 PM ネタ

「iOS 11」の「Safari」でGoogle AMP対応ページをシェアすると元のURLに戻されることが判明

Apple Insiderによると、「iOS 11」の「Safari」でGoogle AMP対応ページをシェアすると、AMPではない元のURLに戻される仕様となっていることがわかりました。

iOS 10のSafariでAMPページを共有した場合、AMP対応のURLが共有され、これが地味に面倒だったのですが「iOS 11」では自動的に通常のURLに戻して共有されるようになるとのこと。

そもそもウチのサイトはAMPに対応させていませんが、軽くAMPのURL変更について記載しておきます。

① 元URL:https://ぷるど.net/amp/purudo/

② AMP URL:https://www.google.com/amp/ぷるど.net/amp.purudo/

AMPに対応したページを作成すると元URLにampの表記が入り、Googleは①②の間でAMP Cache URLというURLを生成します。このURLでAMP対応を検索結果に反映させ、スマートフォンユーザーには②のAMP URLで表示させる。ということが行われています。

このAMP Cache URLがサイト、今回の場合でいう「https://ぷるど.net/amp/purudo/」のデータを保持し、訪れたユーザーに対し保持したデータを公開する。というシステムでWebページの表示を高速化させるのがAMPです。

スマートフォンユーザーがAMP対応ページのURLをシェアした場合、AMPに対応した②のリンクが送信されコンピュータなどで見たユーザーはURLが開けない。というオチがあるので、今回、Appleが加えた変更は両デバイス間のフレンドリーさを改善した変更となっています。

 

Via: Apple Insider

(Visited 12 times, 1 visits today)
Close

Error(Copyrighted Image)