Apple Watch、2017年第3四半期のウェアラブル出荷数で世界No,1を獲得 Canalys調査

アメリカの民間調査会社Canalysの調査結果によると、2017年第3四半期(7〜9月)の全世界のウェアラブル端末出荷数は、Apple Watchが世界No,1だったことがわかりました。

同社によると、同期のウェアラブル端末出荷台数は、Appleが390万台で全体の23%を握りトップとなり、その後に同年第2四半期に1位だったXiaomiが続く形となりました。Apple Watchは、前年同期に行われた同じ調査での出荷数は280万台となっているため、この1年で100万台以上も出荷台数を伸ばしたこととなります。


Apple Watchの好調について同社は、Apple Watch Series 3 Cellularモデルの影響は薄いとしており、逆に発売当初の品薄のために調査時点で約80万台しか出荷できていないと推定しています。

また、ウェアラブル端末市場自体についての分析結果も合わせて公表しており、それによるとスマートウォッチ市場が拡大を見せる一方、低価格のフィットネスバンドの需要は減少傾向だということです。

 

Via: MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ