本日、Microsoftが米国のApp Store上で「Microsoft Edge」の正式版をリリースしました。

本アプリは、お気に入りやリーディングリスト、新しいタブページ、リーディングモードなどといったデスクトップ版に実装している機能に加え、PCとモバイルデバイス間でシームレスにブラウジングでき、パスワードを含む様々な情報の同期や、PC及びモバイルデバイスで閲覧中のサイトの続きをモバイルデバイス及びPCで継続して閲覧できるなど、AppleのHandoffのような機能が特徴となっています。

なお、レンダリングエンジンにはWebkitを採用していることから実質的にはSafariとなっています。また、現時点で日本国内での配信は開始されていません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)