MacRumorsが、macOS High Sierra 10.13.2のシステム環境設定「App Store」セクションにパスワード不要でアクセス出来てしまうバグがあると報告しています。

これは、システム環境設定の「App Store」のセクションで、左下にある鍵アイコンをクリックすると、ユーザー名とパスワードの入力を求められる画面が出現し、本来はこれらを入力しなければ設定にアクセス出来ない仕様ですが、「macOS High Sierra 10.13.2」ではユーザー名やパスワードを入力せずともロック解除が可能だということです。

なお、この不具合は先日デベロッパー向けにリリースされた「macOS High Sierra 10.13.3 beta4」では修正されているということなので、「macOS High Sierra 10.13.3」の正式リリースで修正されると考えられます。

App StoreセクションはMac App Storeの簡単な設定を行うだけのセクションですので、昨年11月に報告された誰でもシステムにログインできてしまうバグよりは深刻度は低いものと思われます。とはいえ、ログイン関連のバグが続いており、MacユーザーとしてはAppleに徹底したソフトウェア開発をお願いしたいところです。

 

Via: MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ