本日、Twitterがアカウントを凍結された場合の理由などを明確に説明するようにサービス改定を行うと発表しました。

同社によると、Twitterルールに違反したことでアカウントが凍結になった場合、どのツイートがどのルールに違反しているのかを、メールにて、より具体的に連絡するようにし、メールには異議申立てを行う際のURLなども掲載されるということです。

ここ数年、Twitterは明確な理由を説明せずアカウントを凍結するという行為を多く行っており、意義申し立てが認められず、日本支社に直接乗り込む人が出るなど、その運営方針に批判が集まることも少なくありません。

今回のサービス改定でどの程度、ユーザーの不満が静まるかは不明ですが、筆者個人としてはあまり期待していなかったりします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)