先日のことですが、Googleが短縮URL生成サービス「goo.gl」のサービス終了を発表しています。

同社によると、「goo.gl」での短縮URL生成サービスの提供を、4月18日から段階的に終了することを発表しました。

まず、2018年4月13日より、匿名のユーザーと、これまで同サービスの利用歴がないユーザーが利用不可能となり、2019年3月30日には、全てのユーザーが「goo.gl」での短縮URL生成サービスを利用できなくなります。

また、同時に、「goo.gl」のコンソールサービスからクリック数などの情報確認やCSVデータダウンロードもできなくなります。なお、2019年3月30日をもってサービスが完全終了しますが、これまでに生成されたURLは引き続き機能するということです。

同社はサービス終了までの間に、「bil.ly」や「Ow.ly」などの類似サービスに代替する準備を行うよう呼びかけています。

さらに同社は、利用OSやアプリなど、様々な閲覧環境下でも適切なURLへユーザーを誘導する機能「Firebase Dynamic Links (FDL)」の提供を開始しており、こちらへの乗り換えも検討するようにアナウンスしています。

 

Via: The Verge

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)