本日、Ankerが「Roav DashCam C1」の販売を開始しました。

本製品は、最先端のSONY製CMOSイメージセンサー、広角レンズ、夜間でも正確にナンバープレートや風景を撮影できるNightHawkテクノロジーを搭載しており、夜間でも4車線の道路をフルHD(1080p)の高精細映像で録画可能だということです。また、Gセンサーを搭載し、事故などの衝撃があったときにカメラが自動的に起動、録画を開始する機能も搭載されています。さらに、内部回路から熱を逃がす金属フレームの設計により、-10℃~65℃の温度範囲で動作し、データ保護は-28℃~70℃の間で可能だとしています。

なお、専用アプリ「ROAV」を利用すれば、手持ちのスマートフォンでDashCamで録画した映像を直接ダウンロード、管理、確認できるということです。

販売元はAnker Direct、価格は発売を記念して500個限定で¥1,000 OFFの¥8,999となっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントをどうぞ