本日、Microsoftが「Windows 10 April 2018 Update」向けの累積的更新プログラム「KB4100403」をリリースしました。

本アップデートには、先日お伝えした東芝製SSD搭載デバイスで極端にバッテリー寿命が短くなる不具合の修正や、Intel製SSD搭載デバイスで発生していた問題の修正が含まれています。

これらのSSDを搭載したデバイスに「Windows 10 April 2018 Update」を適用すると、東芝製SSD「XG4」「XG5」「BG3」シリーズを搭載したデバイスではバッテリ寿命が低下する問題が報告され、Intel製SSD「Intel SSD 600p」「Intel SSD Pro 6000p」シリーズを搭載したデバイスでは、UEFI画面で再起動やクラッシュを繰り返す問題が報告されていました。

またこの他にも、同アップデートによりdGPUを搭載する特定のハードウェアで、Windows Helloの登録が失敗する可能性がある問題や、タイムゾーンの関する問題などの修正も含まれているということです。

なお、アップデートは「Windows Update」より手動にて可能です。

 

KB4100403 (OS Build 17134.81) – Microsoft

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)