本日、Microsoftが「Office 365」と「Office.com」のリボンやアイコンなどのUI(ユーザーインターフェース)を刷新すると発表しました。

同社は、新しいデザイン言語「Fluent Design System」(フルーエントデザインシステム)を「Office 365」と「Office.com」に採用し、各プラットフォームのUIを改良するとしています。

新デザインではリボンがよりシンプルになり、現行のOfficeなどでは最大3行に及ぶリボンを最も重要なオプションのみを表示させることで、1行に圧縮します。もちろん、これまでと同じ3行表示に戻すことも可能です。また、アイコンのデザインもよりフラットになる他、機械学習とMicrosoft Graphを用いて、ユーザーの作業パターンからパーソナライズした「ゼロ・クエリ検索」の提供も開始されます。

本アップデートは、「Office.com」の一部ユーザー向けに「Word」から順次提供が開始され、7月には一部のInsider Programの「Outlook 」(Windows)に拡大する予定で、アイコンの変更についても「Office.com」の一部ユーザーの「Word」から順次提供が開始され、6月後半にInsider ProgramのWord/ Excel/PowerPoint (Windows)、7月にOutlook (Windows)、8月にOutlook (Mac)に順次拡大していくと発表しています。

 

Office365 – Microsoft

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ