本日、Appleが先生向けアプリケーション「スクールワーク」の提供を開始したと発表しました。

スクールワークを使うと、先生たちは簡単に課題を作成したり、生徒と一対一で協力したり、学習のためのアプリケーションを活用したり、生徒の進捗状況を確認、理解したりといったことを簡単に行なうことができるようになります。スクールワークはAppleのクラスルームアプリケーションと共に、学習体験を強化するための、そして先生と生徒の両方が毎日教室で使うテクノロジーからより多くを得るための強力なツールを世界中の先生たちに提供するとしています。

本アプリには、様々な機能が搭載されており、課題の作成から提出に至るまでのプロセスを管理したり、課題の進捗状況、1人1人に応じた課題作成のサポートなどが可能となっています。また、Mac版の「クラスルーム」アプリと連携させることも可能で、本アプリケーションを利用すると、先生は授業中に生徒の画面を見たり、生徒と書類を共有したり、共有iPadを割り当てたり、さらには生徒のパスワードをリセットしたりすることもできるということです。

なお、本システムを利用できるのはAppleとエデュケーション契約を結んだ教育機関のみとなっています。

 

Apple Newsroom

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)