JR東海、JR西日本、JR九州が、東海道・山陽・九州新幹線車内での無料Wi-Fi接続サービス「Shinkansen Free Wi-Fi」を2018年7月25日より順次提供を開始すると発表しました。

掲出ステッカー

同サービスを利用できる新幹線の車内には「Shinkansen Free Wi-Fi」のステッカーが掲出されるほか、JR東海のWebサイトでは無料Wi-Fiサービスを利用できる該当車両を掲載するということです。接続先となるSSIDは「Shinkansen_Free_Wi-Fi」で、メールアドレスを登録するかSNS経由での認証を行なえば、誰でも無料で本サービスを利用できるということです。

また、大規模災害時には登録なしでも利用できるようにするということです。

Shinkansen Free Wi-Fiは、2018年7月25日以降、インターネット接続設備の整備が完了した車両から順次利用可能になり、2020年3月までには東海道・山陽・九州新幹線のすべての列車で無料Wi-Fiサービスが利用できるようになるとしています。なお、本サービスにはモバイルインターネット回線が利用されるため、九州新幹線の新八代駅~鹿児島中央駅間のトンネル内など、携帯電話の電波が届かない場所を走行している場合は利用できなくなるということです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)