先日、MacBook Pro (Retina 15-inch Mid 2012)がビンテージ製品に追加されたとお伝えしましたが、米メディアMacRumorsによると、この情報はAppleが誤って流した情報だったということです。

本来、MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2012)がビンテージ製品に追加されるのは、2018年12月末だったようですが、Appleは直営店や正規サービスプロバイダに対し「2018年6月30日をもって」と誤った通達を流してしまったということです。実際、この通達は既に撤回されているということで、本社側が正式に誤報と認めているようです。

しかしながら、ビンテージ製品に追加される時期については確定しているようで、2018年12月末をもってビンテージ製品およびオブソリート製品に追加されることに変わりはないようです。

Appleでは例外なくビンテージ製品とオブソリート製品に対するハードウェアサービスを終了する為、ビンテージ製品とオブソリート製品に追加された製品は、Appleでの正規修理が出来なくなることを意味します。

 

Via: MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ