MSPUが、Google ChromeがWindows 10のネイティブ通知に対応したと報道しています。

Googleは、今年の3月頃からGoogle Chrome開発ビルドで同機能のテストを行っており、最新版の「Chrome 68」でWindows 10のネイティブ通知に正式に対応したということです。これにより、Chromeで登録した通知がWindows 10のアクションセンターに他の通知とともに表示されるようになり、Chromeの通知をOS側で一括管理できるようになります。

なお、本機能は「Chrome 68」を利用するユーザーのうちの半数に導入されているということで、全てのユーザーが利用可能になるにはもうしばらく時間がかかるということです。

 

Via: MSPU

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)