先日、MicrosoftはWindows 10の大型アップデート「Windows 10 October 2018 Update」をリリースしましたが、これを適用した一部のユーザーから、ユーザーデータのロストに関する不具合が報告されていることがわかりました。

これを報じたSoftpediaによると、症状を報告しているのは「Windows 10 Fall Creators Update」からWindows Update経由で「Windows 10 October 2018 Update」を適用したユーザーで、ライブラリフォルダやパブリックフォルダに保存していたドキュメントや画像、動画、音楽データ、いわゆる「ユーザーデータ」が警告無しに削除されてしまっていたようです。

なお、Windows 10のアップデートでは以前のバージョンに復元する為に使用するシステムファイルが自動的に記録される機能は実装されているものの、ユーザーデータをアップデート時に自動的にバックアップを取得する機能は搭載されていない為、削除されたユーザーデータを復元する方法はありません。

この不具合について回避方法や対処法はなく、同アップデートの適用を見合わせるかバックアップを取得した上でアップデート作業を行うようにして下さい。なお、本項執筆時点でMicrosoftがこの問題を把握しているかや、修正に取り組んでいるかなどはわかっていません。

 

Via :Softpedia

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)