本日、Googleが「Google+」の一般向けサービスを2019年8月をもって終了すると発表しました。

同サービスは2011年より提供が開始されたGoogleのSNSです。今回のサービス提供終了について同社は、使用率が非常に低いことと「Google+ People API」にプライバシーに関する重大な問題が見つかったことからサービス提供終了を決定したということです。

このAPIの問題により、サードパーティの開発者が名前や年齢などのユーザーの個人データに無許可でアクセス可能だったようですが、悪用された形跡は発見されておらず、プロフィールデータが誤用されているという証拠も発見されていないということです。

同社は、サービス提供終了に向け、今後数ヶ月にの間にユーザーデータをダウンロード、移行する機能や方法などの情報を順次公開する予定としています。

なお、今回のサービス終了の対象となるのは一般ユーザー向けの「Google+」で、企業向けユーザーには引き続き提供され、今後も新しい機能が導入される予定で、こちらについても都度情報を出していくとしています。

 

Protecting your data, improving our third-party APIs, and sunsetting consumer Google+

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)