本日、iFixitが「Surface Pro 6」の分解を実施し、ティアダウンレポートを公開しました。

ティアダウンに使用されたのは「Surface Pro 6」の基本モデルとなる「Core i5/8GB/128GB」モデルです。

本体のディスプレイにはLG Display製の液晶ディスプレイが採用され、Samsung製8GBRAM、SK Hynix製128GBSSDが搭載されていることがわかりました。また、バッテリー容量は5,940mAh(45Wh)で、以前のモデルから変化はありませんでした。

分解を実施したiFixitによると、内部構造の変化はごく僅かで基本的には前モデルの設計を踏襲し、CPUなどのアップグレードが行われたに留まったマイナーアップデートだということです。

なお、修理し易さを示すスコアは10点満点中1点と最低のスコアとなっており、ユーザー自身による修理は不可能との判断が下されています。

 

Microsoft Surface Pro 6 Teardown – iFixit

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)