本日、Microsoftが同社が開発する「Edge」のレンダリングエンジンをChromiumに移行すると発表しました。

同社によると、現在開発中の次期Webブラウザは「Microsoft Edge」という名称は維持されたままであるものの、ベースとなる技術であるレンダリングエンジンを従来のオリジナル(EdgeHTML)から、Google ChromeやOperaも採用する「Chromium」に変更するということです。

ChromiumベースのEdgeは、2019年初旬にベータ版がリリースされ、同年中にWindows 10に標準搭載されているEdgeをChromiumベースのバージョンに切り替える予定で開発を進めているということです。

また、これに合わせ現在はEdgeが提供されていない「Windows 7/8」「macOS」向けにも配信が行われる予定で、これらのリリースはWindows 10版よりも遅くなるものの、2019年中にはリリースされる見込みとなっています。

 

Microsoft Edge: Making the web better through more open source collaboration

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)