本日、Microsoftが「Office 2019」を2019年1月22日より販売することを発表しました。

同日より販売が始まるのは、永続ライセンス版のOfficeで、Windows/Mac版、Windows PC版、Mac版が用意され、Windowsでの動作環境は「Windows 10」が必須となっており、販売価格は以下の通りとなっています。

・Office Home & Business 2019:34,800円
・Office Personal 2019:29,800円
・Office Professional 2019:59,800円
・Office Professional Academic 2019:27,800円
・Office Home & Student 2019 for Mac:23,800円
・Office Academic 2019 for Mac:16,800円
・Word 2019:14,800円
・Excel 2019:14,800円
・Outlook 2019:14,800円
・PowerPoint 2019:14,800円
・Access 2019:14,800円
・Publisher 2019:14,800円
・Project Standard 2019:78,800円
・Project Professional 2019:131,800円
・Visio Standard 2019:37,800円
・Visio Professional 2019:71,800円

なお、販売は全国の量販店や各ECサイトで実施されます。

 

Windows Blog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)