本日、Microsoftが「Windows 10 October 2018 Update」の配信を拡大しました。

これまで、Windows 10 October 2018 Update(バージョン1809)は、「更新プログラムのチェック」を手動に選択したユーザーと、Webサイトでの配信のみが行われていました。

それが本日より、Windows Updateで自動更新が有効となっているデバイスかつ、次世代機械学習モデルに基づいて最適なアップデートエクスペリエンスがもたらされると確信できたデバイスに向けて、配信が開始され始めました。現時点では最新モデルがアップデートの対象となっており、全てのユーザーに向けて配信が行われるのはもう少し先となりそうです。

なお、Windows 10 October 2018 Update(バージョン1809)は2018年内にも全てのユーザーに対しての配信が行われるとみられていましたが、ユーザーデータの消失問題などの影響でリリースが遅れた為、全てのスケジュールが数ヶ月単位で遅れています。

 

Via: ZDNet

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)