本日、Appleが iOS アプリデベロッパーに iPhone XS Max・iPad Pro 対応の義務化を通知しました。

同社の通知によると、2019年3月27日より、新たにApp Storeに提出するアプリとアップデートを行うアプリは、iPhone XS Max もしくは 12.9インチiPad Pro(第3世代)への対応が必須になるということです。(ユニバーサルアプリの場合、両方への対応が必須)

また、開発には iOS12.1 SDK およびそれ以降のSDKを使用しビルドする必要があり、提出するスクリーンショットには、アプリが iPhone XS Max または 12.9インチiPad Pro(第3世代)に対応することを示すものが必要となります。

さらに、Apple Watch向けの新規アプリとアップデートについては、watchOS 5.1 SDKおよびそれ以降でのビルド、Apple Watch Series 4対応が必須になると案内しています。

 

Upcoming App Store Submission Requirements

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)