本日、Appleが macOS 10.15 以降では Aperture が動作しなくなることを案内するサポート文章を公開しました。

公開されたサポート文章では、同社が2015年に提供を終了したデジタル写真の管理・編集ソフト Aperture が macOS 10.14 Mojave 以降の macOS 技術的な理由で動作しなくなることを案内しています。

現時点でも Aperture を利用中のユーザーに対しては、同社の「写真」アプリか Adobe Lightroom への移行を案内しています。

 

Migrate your Aperture libraries to Photos or Adobe Lightroom Classic – Apple

Via: MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)