本日、Google が Google マップと Google 検索上の災害情報の可視化を強化を発表しました。

同社は本日、災害時に信頼できる情報をリアルタイムに表示するSOS アラートに、自然災害に関する、よりわかりやすくなったビジュアル情報と、新たなナビゲーション警告システムを Google マップに追加したということです。今回のアップデートにより、更に正確に災害の位置を把握し、その災害がどの方向に向かっているのか、予測できるようになったとしています。

今回、追加されたのは、台風の進路や地震の震源地や震度を表す『台風の進路予測、地震「シェイクマップ」など』、利用のルートが災害の影響を受けていると思われる場合に、警告を表示する『Google マップでの災害ナビゲーション警告』となっています。

なお、台風進路予測、地震シェイクマップは今後数週間のうちに Android、iOS、デスクトップおよびモバイルウェブにて運用を開始するということです。

 

Google Japan Blog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)