Adobeが、Creative Cloud 次期メジャーリリースから Windows 32bit 版をサポート外とすることを発表しました。

同社のリリースによると、最新のオペレーティングシステムの機能とテクノロジーを最大限に活用するため、Creative Cloud の次期メジャーリリースはからは、32ビット版の Windows をサポート対象外とするということです。すでに現行の Creative Cloud アプリケーションの大半は64ビット版の Windows が必須となっていますが、次期メジャーリリースではこの要件が全アプリケーションに適用されることになります。

32ビット版の Windows を使用中のユーザーは、正認定された現行、並びに旧バージョンの Creative Cloud アプリケーションのうち、当該OSをサポートする Illustrator、InDesign、Dreamweaver、Bridge の使用とインストールを継続することができます。しかしながら、Creative Cloud の次期メジャーリリースから、対応するバージョンの64ビット版 Windows を使用していない限り、インストールや、使用はできなくなるということです。

なお、次期メジャーアップデート版の Adobe Acrobat については引き続き32ビット版の Windows をサポートするということです。

 

Creative CloudのWindows 32ビット版OS対応について – Adobe

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

Error(Copyrighted Image)