Written by 6:29 PM Microsoft, Update

Microsoft、2021年7月分の定例更新プログラムを公開

本日、Microsoft が2021年7月分、全12件の定例更新プログラム(月例パッチ)を公開しました。

今月は全13件のアップデートが提供され、深刻度が一番高い「緊急」が7件、2番目に高い「重要」が5件となっており、以下に変更点が加えられます。

・.NET Core & Visual Studio
・3D Viewer
・Microsoft DWM Core Library
・Microsoft Edge (Chromium-based)
・Microsoft Intune
・Microsoft Office
・Microsoft Office Excel
・Microsoft Office Outlook
・Microsoft Office SharePoint
・Microsoft Scripting Engine
・Microsoft Windows Codecs Library
・Paint 3D
・Role: Hyper-V
・Visual Studio Code – Kubernetes Tools
・Windows Bind Filter Driver
・Windows Common Log File System Driver
・Windows Cryptographic Services
・Windows DCOM Server
・Windows Defender
・Windows Drivers
・Windows Event Logging Service
・Windows Filter Manager
・Windows HTML Platform
・Windows Installer
・Windows Kerberos
・Windows Kernel
・Windows Kernel-Mode Drivers
・Windows Network File System
・Windows NTFS
・Windows NTLM
・Windows Print Spooler Components
・Windows Remote Desktop
・Windows TCP/IP

また、悪意のあるソフトウェアの削除ツールに、新たに Win32/Caspetlod、Win32/CobaltStrike、Win32/CobaltStrikeLoader、Win32/TurtleLoader、Win32/TurtleSimple に対する定義ファイルが追加されています。

なお、アップデートはWindows Update、Microsoft公式ページからのダウンロードのいずれかで可能です。

 

詳細などについては、Microsoftの公式ページをご覧ください。

(Visited 5 times, 1 visits today)
Close

Error(Copyrighted Image)