Written by 15:16 Amazon, スマートスピーカー, プレスリリース

Amazon Echo で人感検知により自動的に起動するアクションが利用可能に

本日、Amazon が Amazon Echo で人感検知により自動的に起動するアクションが利用可能になったと発表しています。

人の在室・不在の検知・判定により起動する定型アクション機能では、人が Echo シリーズのデバイスのそばにいること(在室)を検知した時に、「アレクサ、〇〇をして」と話しかける必要なく、Alexa が自動的に照明などの家電の電源をつけたり、天気やニュースを読み上げたり、音楽を再生したりすることができるというものです。また、デバイスのそばに人がいない(不在)と判定した時は、自動的にテレビやエアコンなどの家電の電源を切ったり、音楽の再生を止めたりするなど、事前に設定した定型アクションを実行することができるということです。

ディスプレイ付きの Echo Show 10、Echo Show 8(第2世代)、Echo Show 5(第2世代) では、Alexa はデバイスのカメラが捉えた人の動きや Alexa との会話、ディスプレイのタッチ操作などによる信号を通じて、人の在室を検知したり、不在を判定します。ディスプレイなしの Echo(第4世代)、Echo Dot(第4世代)、Echo Dot with clock(第4世代)では、デバイスのスピーカーから発せられる超音波の信号により、Alexa は部屋への入退室など人の動きを検知するということです。

(Visited 21 times, 1 visits today)
Close

Error(Copyrighted Image)