Microsoft「Windows10 S」搭載の自社端末「Surface Laptop」をMicrosoft EDUで発表

本日、Microsoftが同日に発表した「Windows 10 S」搭載の自社ブランド端末「Surface Laptop」をMicrosoft EDUで発表しました。

「Surface Laptop」は、OSに同日発表された教育機関向け「Windows 10 S」を搭載しています。
ディスプレイは、アスペクト比3:2の13.5インチPixelSenseとなっています。

ボディはアルミニウム製、キーボードにはSurfaceシリーズでお馴染みの「アルカンターラ素材」が採用されています。カラー展開はプラチナ、バーガンディ、コバルトブルー、グラファイトゴールドの4色となっています。

ディスプレイはSurface Penに対応し、CPUに第7世代Core i5/i7を搭載し、最大バッテリー駆動時間は14.5時間と発表しています。価格は$999(約11万円)〜となっており、予約は米国では本日〜で、出荷開始は6月15日〜となっています。

尚、発表会で登壇したMicrosoft上級副社長テリー・マイヤーソン氏によると、「Windows 10 S」の「S」は「Secure」「Superior Performance」「Soul」などの意味合いがあるとのことです。同OSを搭載したコンピュータはHPやDellなどのWindowsコンピュータを販売するメーカーより、登場するとアナウンスされました。また、Windows 10 Sがプリインストールされた端末には、MinecraftのEducation版が標準でインストールされることも合わせて発表しました。




既に、米国のMicrosoftの公式ページはオープンしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ