Google、Google I/O 2017においてAI音声アシスタント「Google Assistant」やスマートスピーカー「Google Home」の日本での販売を発表

本日、Googleが現地時間5月17日〜開催されているGoogle I/O 2017において、AI音声アシスタント「Google Assistant」やスマートスピーカー「Google Home」の日本での販売を発表しました。

Google AssistantについてはiOS向けとして既に米国App Storeより配信が始まっており、AppleのSiriやMicrosoft「Cortana」、Amazon「Alexa」と競合する機能です。Google Assistantは、今夏に日本語の他、フランス、ドイツ、ポルトガル語への対応予定も発表されていることから、国内リリースは今夏以降となりそうです。




また、このGoogle Assistantを搭載したホームデバイス「Google Home」は、こちらも今夏以降に日本、イギリス、カナダ、オーストラリア、フランス、ドイツで販売開始予定とのこと。

Google Homeは「OK Google」の音声コマンドで様々な情報を検索したり、連携している機器の操作が可能です。
米国では129ドル(約14,000円)で販売されています。

尚、同時にAndroidの月間アクティブユーザーが20億人を突破したことも発表されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ