次期Apple Watchは9月発表、10月以降の発売と言われていますが、Economic Daily Newsもこのスケージュールを支持しています。

次期Apple Watchは現在、最終テスト中とみられ今年第4四半期には量産が開始される可能性が高いとのことです。製造は現行モデルを製造している台湾のQuanta Computerが独占的に請け負うようです。

次期Apple WatchはLTEモデルの登場やバッテリー駆動時間、スペックの向上が特徴になると言われています。
個人的には睡眠トラック機能や非侵襲的(採血不要)な血糖値測定センサーに期待していますが…。

 

Via:  DigiTimes

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ