Korea Heraldが公開したレポートによると、次期iPhoneの顔認証センサー測定速度は100万分の1秒になるとのことです。

これは、次期iPhone向けのSamsung製有機ELディスプレイに関する情報の中に含まれていたもので、その他にも大方の予想通りTouch IDではなく顔認証が採用されることも合わせて報告されています。

またWSJによると、センサーシステムに赤外線が採用され、暗所での動作も可能で精度やスピードに関しても問題なるほどではないとしています。

次期iPhoneはまもなく発表されると思われますが、量産に関しては9月第3週以降になるとも言われており、品薄状態が例年より長く続きそうです。

 

Via: 9to5Mac

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)