本日、MicrosoftがOffice 2019を発表し、2018年後半にリリースする予定であることを明かしました。

現在、開発途上であると言うこともあり、詳細は全くわかりませんが、PowerPointにモーフィングとズームのようなビジュアルアニメーション機能が追加される他、Excelには新しい数式やグラフなどが含まれるとのことです。

Office 2019の開発スケジュールは、2018年中旬頃よりプレビュー版をリリース、2018年末までに正式リリースする予定となっています。

なお、Microsoftは後日、さらなる詳細を発表していくとコメントしています。

本件には全く関係ありませんが、通例であればMac版が翌年に登場するので次期Microsoft Office for Macのバージョンネームは「Office 2020」となりそうです。

 

Via: Microsoft

Error(Copyrighted Image)