本日、iFixitが「Google Pixel 2 XL」の分解を実施し、ティアダウンレポートを公開しました。

公開されたレポートによると、4GBのRAMとストレージにはSamsung製のチップが採用され、バッテリーは3,520mAhとなっているとのことです。なお、修理難易度を表すスコアは10点中6点と近頃のスマートフォンとしては高めの数字となっています。

実際に分解する方はそう多くはないと思いますが、みているだけでも楽しいレポートですので是非のぞいてみてはいかがでしょうか。

Error(Copyrighted Image)