MacRumorsなどによると、AppleはMacBook、MacBook Pro 13/15で発生するディスプレイの反射防止コーティングが剥がれる問題の修理プログラムを、最新の機種まで拡大したということです。

とは言え、現時点では正式なプログラムとして提供されているわけではなく、症状を申告したユーザーに対し無償で修理を行うという形式を取っており、購入から4年以内であれば無償修理の対象になるということです。

現時点で修理対象となっているのは以下のモデルで、1つのMacBookに対し最大2回までの修理が受けられるということです。

・MacBook Pro 13インチ(2013〜2017)
・MacBook Pro 15インチ(2013〜2017)
・MacBook 12インチ(2015〜2017)

そもそも、最新機種でもこの問題が解決されていない方がおかしいと思うのですが、製造工程の変更よりも交換の方がコスト的に有利なのでしょうか。何にせよ、症状が出ている方は無償で交換を受けれますので、気になる方は修理受付をしてみてはいかがでしょうか。

 

Via: MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ