Written by 1:48 AM Apple, プレスリリース

Apple、スタンフォード大学と共同で不規則な心臓リズムをApple Watchで検出する研究を開始

本日より、Appleがスタンフォード大学と共同で不規則な心臓リズムをApple Watchで検出する研究を開始すると発表しました。

研究は「Apple Heart Study」というApple Watchの心拍センサーを使い、不規則な心臓リズムに関するデータを収集し、心房細動(AFib)を経験しているユーザーに通知する専用アプリを利用して行われ、米国在住の22歳以上でApple Watch Series 1以降の端末を持っていれば誰でも利用できるということです。

なお、同社はApple Watchを用いて不規則な心臓のリズムを検知する方法も以下のように紹介しています。

『心拍数とリズムを計算するために、Apple Watchのセンサーは、毎秒数百回点滅する緑色のLEDライトと光に敏感なフォトダイオードを使用して、手首を流れる血液の量を検出します。センサーのユニークな光学設計は、手首の4つの異なる点から信号を収集し、強力なソフトウェアアルゴリズムとの組み合わせで、あらゆるノイズの中から心臓のリズムだけを分離します。Apple Heart Studyアプリは、この技術を使用して不規則な心調律を識別します。』

これに加え、Apple COO Jeff Williams(ジェフ・ウィリアムズ)氏のコメントも同時に発表しており、同氏は「ユーザーは自身にAFib(不整脈)があることを知ることができ、Apple Watchがどのように自分たちの生活に影響を与えたかについての素晴らしい情報を受け取れます。これらのストーリーは私たちを鼓舞し、人々が自身の健康や体調を知ることを助けるためにより多くの努力をしています」と述べた上で、「医学界と協力して、特定の健康状態を人々に知らせるだけでなく、心臓科学における発見を進めることも望みます」とのコメントを発表しています。

また、共同研究を行うスタンフォード大学の医学部長であるロイド・マイナー(Lloyd Minor)氏は、「Appleとの共同研究を通じて、スタンフォードの教授は、Apple Watchの心拍センサーのようなテクノロジーが、予防的ヘルスケアの新しい時代を導く助けとなるかどうかを探求します」と研究目的を説明した上で、「この画期的な心臓研究でAppleと協力することに興奮している」と述べています。

なお、脳卒中の主要な原因となっているAFibは、毎年米国で約13万人の死因とされており、75万人の入院患者を生んでいる上、発症した人の大半が症状を経験しないことが多く、AFibはしばしば診断不能と扱われることもあるようです。

 

Apple Newsroom

(Visited 1 times, 1 visits today)
Close

Error(Copyrighted Image)