ユニコードコンソーシアム、2018年にリリースする「Emoji 11.0」に実装予定の絵文字リストを公開

本日、ユニコードコンソーシアムが2018年にリリースする予定の「Emoji 11.0」に実装予定の絵文字リストを公開しました。

「Emoji 11.0」に新たに実装される見込みの絵文字は、肌の色の異なるバージョンを含めると全130種となっており、海賊旗やカンガルー、孔雀、白鳥、ロブスター、蚊、マンゴー、ソフトボール、フリスビー、ラクロスなどの絵文字が候補として挙げられています。


更に、絵文字の向きを変更する機能を実装される予定となっています。

なお、発表された絵文字はあくまでも案となっており、正式に追加が決まるのは2018年1月の会議となり、2018年第1四半期末までに詳細が発表されると見られています。また、これらの絵文字が各OSに落とし込まれるまでにはさらなる時間を要するものと思われます。

 

Via: EmojiPedia

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ