Written by 4:07 PM Mac, ネタ

iFixit、iMac Proの分解を実施 ティアダウンレポートを公開

iFixitがiMac Proの分解を実施し、ティアダウンレポートを公開しています。

公開されたレポートによると、CPU、RAM、SSDはスロット式が採用されており、RAMはSK Hynix製、SSDはSanDisk製となっていることがわかり、OWCが一足早く公開したレポートと同じ報告となっています。

分解に使用されたのは基本構成モデルのようで、CPUは「Intel Xeon W-2140B」、AppleのMac用SoCである「Apple T2」の他に、「Apple 338S00268」と印字された別のSoCが搭載されていることも明らかになっています。(後者が何に使用されているかは不明)

なお、分解の難易度を示すスコアは10点中3点と低めの結果となっており、その理由としてGPUが半田付けされていること、RAMのスロットが裏側に配置されていることなどをあげています。

(Visited 1 times, 1 visits today)
Close

Error(Copyrighted Image)