本日、Microsoftが障がい者支援機能利用者向けに提供している「Windows 10」の無償アップデート期間をひっそりと延長していたことがわかりました。

既に、Windows 10への無償アップグレード期間は終了していますが、障がい者支援機能の開発が遅れたことなどを理由に例外的に無償アップデートを実施していましたが、同機能の利用者向けのキャンペーンも2017年12月31日で終了することを案内していました。

しかし、2018年に入っても提供が続けられており、米国のMicrosoft公式ページも2018年1月16日までに変更されています。

延長を実施した理由などは明らかにされていませんが、本国の対応に準拠するのが通例となっているため、各国のページも順次改変されていくと思われます。なお、本キャンペーンを利用するには、Microsoftの専用窓口から申請する必要があります。

 

Via: Softpedia

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ