本日、スイス チューリッヒにあるApple Store Bahnhofstrasse(バーンホフシュトラッセ )でボヤ騒ぎがあったことがわかりました。

現地の報道によると、出火元はiPhoneのバッテリーで、本体からバッテリーを取り外す作業を行っていたときに突然出火したということです。この火事でバッテリーを交換中だったスタッフが軽い火傷を負ったほか、その場にいた6名が煙を吸うなどして病院に搬送されたということです。

警察によると、出火元として押収されたiPhoneとバッテリーは、チューリッヒの法医学研究所が出火原因を調べるために持ち帰っているということです。

なお、現時点でAppleからは何もコメントなどは発表されておらず、どのような経緯で出火したかやどの機種のバッテリーかなどもわかっていません。

 

Via: Yahoo!Finance

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ