本日、AppleがiOS・Mac App StoreアプリのWebプレビューページのデザインを刷新しました。

新しいデザインはiOS 11のApp Storeの新しいデザインにならったものとなっており、これまでのものと比べるとアプリアイコンが大きく、スクリーンショットの画面も大きくなっています。なお、レスポンシブデザイン対応にもなり、ページを表示するデバイスにより自動的に横幅などが調整されるようにもなっているということです。

個人的に気になったのは新しいWebページの上部に、「This app is only available on the App Store for iOS devices.」(このアプリはiOSデバイスのApp Storeでのみ利用可能です)と表示されている点で、今年発表される次期macOSでiOSアプリが動くのではないかという情報を裏付けるような文言となっています。

 

Via: 9To5Mac

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ