*開封編* hp ProBook 450 G3が一時的にやって来た!

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回はぷるど.netでは珍しいモノをレビューします。
(まぁ、タイトルに出てるので隠している感じはありませんがw)

その名も、hp ProBook 450 G3!Windows10搭載のラップトップコンピュータです。
借り物なので、慎重にレビューして行きたいと思います…!

ちなみに、G3と言うとPower Macintosh G3 (Blue & White)を思い出す、筋金入りのApple信者です。




IMG_1967

外箱。大きくhpのロゴが書かれています。

IMG_1968

中を開けてビックリ。この機種は化粧箱はないんですね…。

IMG_1969

付属品は、本体、電源プラグ、説明書類です。

IMG_1970

天板はマット素材で、ロゴの部分のみ光沢感のある素材です。

IMG_1973

右サイドには、Ethernet、USB2.0×2、イヤフォンジャックがあります。

IMG_1974

左サイドには、USB3.0×2、HDMI、D-Sub、電源in、セキュリティポートがあります。

IMG_1977

パームレスト部分。良くあるWindowsパソコンですね。

IMG_1979

キーのアップ。浮石で、エンターキーは最近流行りのスリムタイプ。

IMG_1980

トラックパッドはMacBookには到底及びもしない、従来型のタイプ。

IMG_1975

指紋センサーもある様です。あっ。CPUはCore i5です。

IMG_1978

ディスプレイは非光沢液晶の15.6インチのFHDです。

IMG_1981

hpは最近、東京生産なんですよね。ここは良いですね。安曇野フィニッシュは高いしw

IMG_1982

ディスプレイは良くある安物です。色は最悪ですね。

IMG_1966

引きで見るとこんな感じ。画面のベゼルはプラスチック。パームレストはアルミと言う中途半端な感じ。




借り物をレビューした上に、そこそこ文句を付ける曲者レビューでしたが、雰囲気は掴んでいただけたのではないかと。

hpのサイトによると、米軍調達仕様をクリアしているので耐久性は非常に高いと思います。
マイクにはノイズキャンセリング機能が付いていたりと、便利な機能もたくさん。

重量は約2.07Kg。
約が付いているところに疑問を感じなくもないですが。

重量的にはMacBook Pro Retina 15と同じ感じでしょうか。
(私が使っている、MacBook Pro 13 Mid2012と同じ重量)

キャプチャ

スペックはこんな感じ。ビジネス用途では十分かな?と言った感じ。
(私的には論外な程、低スペックですが)

長くなるので、2パートに分けてレビューしますね。
今回は開封編をお届けしました!次回は、性能を詳しく見て行きましょう!




hp公式ページはこちら

今回のモデルは¥82,000のモデルなんですね。
(8万のコンピュータをdisる奴ってなんだよw)

と言うか、hpの社食って何かで見ましたが、豪華なんですよね…。
一流レストラン的な社食で…。良いなぁ。食べたいなぁw

紹介記事がありました!

写真を見たらお腹が空いた…。はぁ…。( ꒪⌓꒪)
(この記事を書いてるのは深夜です)

って、最後に何書いてるんだよw

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ