AppleのTim Cook CEOが、Financial Postのインタビューの中で同社のARに対する考えやHomePodの市場的な立ち位置を説明しました。

同氏はインタビューの中で「ARは未来の最も重要な技術だと私は信じています。”それは人間のパフォーマンスを増幅させます。それは何かの代用品ではなく人間を増幅し、単離させないものだと私は信じている」と述べ、ARが人々の世界を広げ、全く新しい世界を提供するものだというスタンスを改めて述べています。

また、ARの開発が活発に行われている現状について、今後もこの状況がしばらくは続くだろうとの認識も示しました。

また、インタビューが行われたのはHomePodの発売日が発表される前夜で、同氏にGoogle HomeやAmazon Alexaとの違いを尋ねたところ、HomePodとiOSの親和性の高さ、音質の違いを挙げ「スマートスピーカーに足りなかったのは質の高いオーディオ体験でした」と述べ、HomePodは他のスマートスピーカー よりも高音質であり、Apple製品との親和性の高さが上記2製品との大きな違いだと述べました。

なお、近頃加熱しているスマートスピーカー 市場について、「競争があることで市場がよくなり、私はそれを歓迎する」と述べるに留まっています。

 

Via: 9to5Mac

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ