先日発売が開始された、Appleのスマートスピーカー 「HomePod」。
発売後、特に目立った不具合や事故などもなく多くのユーザーが音質に満足している様子でしたが、ここに来て同製品初の不具合と呼べそうな事案が報告されました。

報告が挙がったのはアメリカからで、HomePodを木製家具の上に置くと家具が汚損するというトラブル。

Appleによると、これはHomePodの底面に取り付けられている滑り止めのゴムの残渣(ざんさ)だということで、湿った布で拭き取ったり数日間放置していれば自然に消えるとのこと。(残渣とは溶解・ろ過などのあとに残った不溶物)それでも消えない場合にのみ、家具の説明書に記載されている方法で表面清掃を行って欲しいということです。

しかし、HomePodが原因で付いた汚れを家具の清掃方法に従って清掃して欲しいという対応は、好ましい対応とは言えず、早々に底面に設置されている滑り止めに改良を入れる必要がありそうです。なお、AmazonやGoogleなどから発売されているスマートスピーカーで同様の報告は1例もないということです。

今回、挙がってきた報告は本体の不具合とまでは言い難いトラブルですが、他のものを汚損してしまうというのは最も最悪な問題です。同社はこの問題を既に把握しているということなので、何からしらの対応が行われることを期待したいところです。

なお、HomePodは発売前から音質に関してはどのスマートスピーカーよりも優れているとの評価を受け、絶賛の嵐となっている製品でしたが、昨日コンシューマーレポートが総合的な音質ではGoogle Home Maxの方が優れているとの評価を出すなど、やや雲行きが怪しくなって来ています。(Siriが使い物にならない件はどこもご愛嬌程度)

 

Via: 9to5Mac

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)