本日、Appleがシカゴで開催中のSpecial Event「Let’s take a field trip」で、新型iPadを発表しました。

新型iPad 9.7インチの最大の特徴は、Apple Pencilへの対応となっており、Apple Pencilで、アイデアをスケッチしたり、手書きのノートを書き留めたり、スクリーンショットをマークすることから、より創造的で生産的な機能を提供しています。

なお、その他の特徴は以下の通りとなっています。

・9.7インチRetinaディスプレイ
・A10 Fusionチップ搭載
・800万画素カメラ
・Face Time HDカメラ
・Touch ID
・Apple Pencilをサポート
・最大10時間のバッテリー駆動時間
・LTE対応(最大300Mbps)

また、Pages、Numbers、KeynoteがApple Pencilで操作可能となるようアップデートされ、Pagesには電子書籍作成ツール「iBooks Author」を内蔵する他、スマート注釈機能が搭載されています。

本体のカラーは、シルバー、スペースグレー、「新しいゴールド」で提供され、共に32GBモデルでWi-Fiモデルは329ドル(3万7,800円)、Wi-Fi + Cellularモデルは459ドル(5万2,800円)となっています。(128GBモデルもあり)

なお、新型「iPad 9.7インチモデル」の最低価格は、エデュケーション向けが299ドル〜(約3万2,000円)、一般向けは329ドル〜となっており、本日より予約の受付が始まり、週内に出荷を開始する予定としています。

なお、これに伴い「iPad 9.7インチ(第5世代)」の販売は終了となりました。

 

iPad – Apple

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)