本日、Appleがデベロッパー向けに「watchOS 4.3.1 beta 3」をリリースしています。

本ベータ版での新機能や変更点は現時点ではわかっていませんが、セキュリティやパフォーマンスの修正は行われているものと見られます。詳細がわかり次第、追記していきます。

watchOS 4.3.1の新機能は以下の通りとなっています。

・WatchKit(watchOS 1)を利用して作成されたアプリを起動した際に警告画面が表示されるように

なお、本表示はデベロッパーに同アプリを「watchOS 2 SDK」を利用して開発するよう呼びかけるためで、一般ユーザーが本表示が出てもできる対処はありません。

尚、Beta版はApple Developer登録をしている方であればDev Centerよりダウンロード出来ます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ