本日、Googleが開発者向けカンファレンス「Google I/O 2018」において、同社の音声アシスタント「Googleアシスタント」を小型のディスプレイ端末に搭載した「スマートディスプレイ」製品が今夏にも登場すると発表しました。

Lenovo Smart Display

同社によると、「スマートディスプレイ」は、タッチ操作対応のディスプレイを搭載した端末で、スマートスピーカーの機能に、ビデオ通話機能やGoogle Photoにある写真の閲覧機能、YouTubeでの動画視聴、カレンダーの確認、地図の表示などが可能な端末だということです。

基本的な仕組みは既に、Amazonが一部の国で販売を行なっている「Amazon Echo Show」と同じく、一歩間違えればタブレットに食われる危険性のあるデバイスとなっており、Echo ShowのGoogle版といえます。

なお、本製品はGoogle自身の製造は行わず、LenovoやJBL、LGなどの各メーカーから発売される予定で、既に詳細を発表しているLenovoの「Smart Display」は8インチと10インチの2モデルが用意され、価格は199〜249ドルとなる予定だということです。

 

Google Newsroom
Lenovo Newsroom

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントをどうぞ